みまグループ > みまグループ通信 > 【美摩病院】新年のご挨拶(美摩病院理事長 美馬 紀章)
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • タグ

  • みまグループ青鳳会美摩病院

    【美摩病院】新年のご挨拶(美摩病院理事長 美馬 紀章)

    最終更新日:2021年01月01日


    新年あけましておめでとうございます。 謹んで新年のお慶びを申し上げます。

    昨年を振り返りますとご承知の通り、中国武漢から発生した新型コロナウイルスがまたたく間に世界中に拡大し、これまで経験したことのない流行となりました。日本のみならず世界を取り巻く経済環境にも大きな打撃は避けられず様々な業種において業績が悪化しております。医療介護業界においても外来患者さんの受診控え、通所系サービス利用控えなど各部署で業績の悪化を余儀なくされました。
    患者様とそのご家族、関係各所、職員の皆さまに業務形態の大きな変更を行ったことに伴いご迷惑、ご苦労をお掛け致しました。皆様の多大なる協力を得ることができ、無事に新しい年を迎える事が出来ましたことにこの場をお借りして心から御礼を申し上げます。
    さらにまだまだ完全なる終息が見えない中ではありますが、基本に忠実に標準感染予防策を徹底し入院、入所されている方々に感染が広がることがないように努めて参る所存でございます。

    ポストコロナの世界は感染拡大前の世界と比較し全く違う世界に変容し、今までの常識が非常識となるだろうと言われています。発熱患者さんの外来での診療方法一つとってみても全く新しい対応をしなくてはならなくなりましたし、入院患者様、ご入所されておられる利用者様におかれましてもご家族との直接の面会を禁止し、タブレット端末越しのリモート面会とさせていただきました。ご不便をおかけしまして心苦しい限りであります。
    我々医療従事者は仕事に対して高い矜持をもち仕事を行っていますが、我々の犠牲だけに頼っていてはいつか医療崩壊が起こるのは目に見えています。一度崩壊してしまうと元の状態に戻すのは困難を極め、取り返しのつかないことになってしまいます。国民の皆さまの協力なくては新型コロナの脅威に打ち勝つことはできないと考えています。現在有効とされている「3密を避ける」「マスクの着用」「うがい、手指の手洗い、アルコール消毒」これらの徹底をぜひとも継続してお願い申し上げます。
    歴史を振り返ってみましても過去に起こったいくつかの感染症のパンデミックは必ず収束するときが訪れてきました。明けない夜はないと信じて前向きに取り組んでいきましょう。

     

    一方で、ワクチンの開発が進むなど、わずかながら明るい兆しもあります。ウイルスの正体が少しずつ明らかとなり治療方法も確立しつつあるようです。もうしばらく時間がかかりそうですが一歩一歩前進していることは間違いありません。
    私共にとって何よりうれしかった話題は応援している徳島ヴォルティスがJ2リーグ優勝、J1昇格を果たすことができた事です。当法人としましてはJリーグ入りした当初より非力ながらスポンサーとして応援し続けてまいりました。前回昇格時は次シーズンにすぐ降格してしまうという残念な結果となりましたが今回はチームの勢いも、まとまりも全く違うと感じており今年はJ1で大暴れしてもらえるのではないかと期待しております。今まで以上に力を入れて応援したいと思っておりますので頑張っていただき徳島の皆様に元気と前向きになる気持ちを与えてもらいたいと思います。

    この新しい年が、皆様にとってより佳き年となりコロナ禍の一刻も早い終息を心より祈念致しまして、私からの年頭の挨拶とさせて頂きます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    美摩病院理事長 美馬 紀章

    ■関連記事