リハビリテーション

リハビリテーション科 紹介

当院では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が在籍し、外来リハビリテーション・入院リハビリテーション・通所リハビリテーション・訪問リハビリテーションの提供を行っております。
患者様に最適なリハビリテーションが提供できるように日々努力をしております。

▲ページの最上部へ

外来リハビリテーション

患者様一人ひとりの生活の質の向上を目標にサポートしてまいります。

    対象の方

  • 脳血管疾患や骨折または、その術後などで退院後のフォローアップが必要な方
  • 頸、肩、腰、膝などの痛みが原因で日常生活に支障を来している方  など

    具体的な内容

  • 物理療法機器(温熱療法、電気療法、牽引療法)などによる、頸、肩、腰、膝痛などの緩和
  • 筋肉のストレッチ
  • 関節を動かす練習
  • 筋力をつける練習
  • バランスの練習、体重をかける練習、歩く練習 など
  • 生活動作の練習
  • 動作方法のアドバイス、自主トレーニング指導
  •     …など、患者様一人一人の状態に応じて実施していきます。
外来リハビリを受けていただくためには、医師による診断が必要です
  • ※ 初回のリハビリは、検査などに少々お時間がかかりますので、ご了承願います。
    ※ 当院の外来リハビリは、完全予約制ですが、担当制ではございません。
    ※ 1回のリハビリにつき、運動療法は20分程度のお時間をいただいています。
    ※ リハビリを受けられる前に簡単な診察があります。(診察待ち等により、リハビリ時間が前後する場合がございます)
    ※ 温熱療法など物理療法は、基本的に治療効果を考慮し、運動療法の前に実施してします。
     (患者様のご希望や状況に応じて対応しています)

▲ページの最上部へ

回復期リハビリテーション

発症から、より早期の在宅復帰を目標に


▲ページの最上部へ

医療療養病床リハビリテーション

患者様一人ひとりの日常生活動作の向上、在宅復帰目標にリハビリを実施しています

医療療養病床は、整形外科疾患、内科疾患、脳血管疾患、及びその他の病気の発症後、受傷後、手術後早期、総合病院退院後早期などの急性期の患者様から、病状が安定し在宅復帰を目指す回復期の患者様、慢性期の患者様まで幅広い患者様が入院されています。
患者様の症状に応じて目標を設定し、リハビリテーションを実施しています。

▲ページの最上部へ

通所リハビリテーション

病状が安定期にある要介護者が病院等に通い、必要なリハビリテーションを受ける介護保険のサービスです

    目的

  • 通所リハビリテーションは、心身の機能の維持・回復を図るためのリハビリテーションと、医療的ケアの機能を併せもっていることに特徴があり、次のような目的があります。
    • 医学的管理
    • 心身機能・生活活動動作の維持・向上
    • 趣味活動、コミュニケーション能力、社会関係能力の維持・回復
    • 介護者であるご家族様の支援
    • 住宅改修や福祉用具の利用など環境整備についての助言
    •             …など

    サービスの内容

  • 健康状態の確認
  • 個別リハビリ 20~40分
  • 食事
  • 物理療法・自主トレーニング・体操など

    ご利用時の流れ


▲ページの最上部へ

訪問リハビリテーション

療法士がご自宅を訪問いたしますので、生活している環境の中で実践的なリハビリや、ご家族様へ具体的な介助方法について、お伝えすることが可能です。

    訪問地域

  • 南あわじ市・洲本市を中心に訪問させていただきます。

    対象の方

  • 介護保険をお持ちの、通院が困難でリハビリを必要とされている方

    提供日時

  • 年末年始を除く月曜日~金曜日
    (代替え土曜日 可)
    9時~18時

    具体的な内容

  • 筋肉のストレッチ
  • 関節を動かす練習
  • 力を入れる練習、筋力をつける練習
  • バランスの練習、体重をかける練習、歩く練習(屋内・屋外歩行練習)など
  • 日常生活動作の練習
  • 動作方法のアドバイス
  • 自主トレーニング指導
  • 家族に対して介助方法のアドバイス
  • 福祉用具や住宅改修のアドバイス
  •   …など、患者様一人一人の状態やご要望に応じて実施していきます。
    ※1回の訪問に40分~1時間程度のお時間をいただいております。

▲ページの最上部へ