青鳳会 美摩病院
みまグループ青鳳会白鳳会翠鳳会ふれあい淡鳳会

青鳳会 美摩病院

美摩病院トップアクセスマップ
CONTENTS MENU
リクルート
お問合せ
社団法人全日本病院協会

トピックス

リハスタッフ採用サイト
お知らせ

地域医療の拠点として

理事長 美馬 紀章

「 青鳳会 美摩病院 」は、医療・福祉の拠点として、高度かつきめこまやかな医療サービスを通じ、地域の皆様の健やかな暮らしをサポートしています。



美摩病院は、「 財団法人 日本医療機能評価機構 」に認定されています。

病院機能評価の結果はコチラ

日本医療機能評価機構
Japan Council for Quality Health Care

URL : http://jcqhc.or.jp/

日本リウマチ学会認定施設

基本理念・基本方針

[ 基本理念 ]

医療は患者様のために。
地域社会へ貢献できる医療人の育成をはかり、医療・介護および福祉の向上に努めます。

[ 基本方針 ]

・患者様に分かりやすく、リハビリテーションを中心として、
 QOL(患者様がこれでいいと思えるような生活の質)を高める
 医療を実現します。

・以下の医療活動の3本柱を中心に質の高い医療を効率的に
 提供します。

  1. 高齢者医療福祉・在宅医療の医療圏における拠点としての役割 
  2. 運動器疾患および脳血管障害への総合的取り組み 
  3. 県下のセンター的役割としてのリウマチ性疾患への取り組み 
ページのトップへ

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策に積極的に取り組む企業として認定され、 次世代育成支援対策推進法に基づく認定マーク(愛称「くるみん」)を取得致しました。

これは、平成23年7月1日から平成26年8月31日までの子育て支援に向けた 「一般事業主行動計画」を策定し、子育て支援に 積極的に取り組んだ結果、計画に定めた目標を達成したことによるものです。

次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」
 
医療法人青鳳会
  医療法人青鳳会は「次世代育成支援対策、 推進法」の趣旨に基づき、職員が仕事と子育てを両立しながらその能力を十分発揮するために、仕事と家庭、仕事と育児を両立させる仕組みをより整備し、職員の生活を充実させると同時に、社会にとって優秀な人材の確保に努めるために次のように行動計画を策定する。
1. 計画期間等
(1)計画期間 2019年4月1日から2024年3月31日までの5年間
(2)計画の見直し 行動計画は、期間中における人事制度の改正、職員からの要望等に応じて弾力的に変更できるものとする
2.行動計画に掲げる内容 
  目標1 計画期間内の育児休業の取得状況を次の水準以上とする
    @男性職員〜計画期間内に2人以上の休業取得
    A女性職員〜計画期間内の休業取得率75%以上
  対策 2019年4月〜
    イ)社内広報ツールを用いての定期的な育児支援の諸制度の周知、啓発
    ロ)男性職員が育児休業を取得しやすい環境の整備を検討
  目標2 育児休業後に職員が復帰しやすくするための仕組みの構築
  対策 2019年4月〜
    育児休業中の職員への定期的な情報提供を継続するとともに、新たな情報提供の方法などを検討
  目標3 計画期間内に、子の看護・介護休暇、有給休暇の取得率の向上を図る
  対策 2019年4月〜
    子の看護休暇・介護休暇、併せて年次有給休暇の取得状況の把握と問題点の分析を行い、定期的な社内通知、各部署責任者への呼びかけ等による取得推進

女性活躍推進法に基づく「一般事業主行動計画」
2019年3月23日
医療法人青鳳会
  医療法人青鳳会は、「女性の職業生活における活躍の推進に係る法律」の趣旨に基づき、女性職員が仕事と子育てを両立しながらその能力を十分発揮するために、仕事と家庭、仕事と育児を両立させる仕組みをより整備し、その生活を充実させると同時に、社会にとって優秀な人材の確保に努めるために次のように行動計画を策定する。
1. 計画期間等
(1) 計画期間 2019年4月1日から2024年3月31日までの5年間
(2) 計画の見直し 行動計画は、期間中における人事制度の改正、職員からの要望等に応じて弾力的に変更できるものとする
2. 行動計画に掲げる内容
(1) 女性が活躍できる職場であることについての求職者に向けた積極的広報を行う。
  目標  … 女性がより活躍できる職場であることを周知すること。
  対策  … 2019年4月〜就職応援ガイドブックへの掲載およびホームページの積極的活用、定期更新。
(2) 利用可能な両立支援制度に関する労働者・管理職への周知徹底を図る。
  目的  … 育児を行う職員のニーズに対応した幅広い勤務形態を選択できるような勤務環境 を推進する。
  対策  … 2019年4月〜育児休業や育児短時間勤務・子の看護休暇などに関する規程の取り 扱いを推進するため、各職場の従業員・管理者へ「仕事と育児・介護の両立支援」をテ ーマに研修会を開催する。
(3) 時間当たりの労働生産性を重視した人事評価を構築する。
  目的  … 人事評価制度において時間当たりの生産性を重視する。
  対策  … 2019年4月〜人事評価はその従業員の成果や実績により(残業をプラス評価としない等)評価するよう見直しをする。
(4) 非正社員から正社員への転換制度を図り、5年間で15名の正職員を登用する。
  目的  … 非正規雇用の労働者について、安定的な雇用の下、継続的な能力形成を図ること により正社員へ登用し、処遇の改善につなげていく。
  対策  … 2019年4月〜人事評価をもとに面接を実施し(年2回)、その従業員の家庭環境 により時間的制約がなくなった場合等は正社員への登用を積極的に行う。(表1)
表1
非正社員から正社員への登用人数
年度
医療法人青鳳会
美摩病院
老健施設
やすらぎ荘
老健施設
いろどり
通所介護
せせらぎ
その他
2015年度(実績)
1
1
1
0
0
3
2016年度(実績)
5
0
0
0
1
6
2017年度(実績)
7
2
2
1
1
13
2018年度(実績)
保育士(女)
2人
0
介護職員(女)
3人
0
0
5
2019年度 計画
2
1
2
1
1
7

看護職員負担軽減及び処遇の改善取組について
平成30年10月1日
医療法人青鳳会 美摩病院
1. 目的
 看護職員の負担軽減及び処遇改善については、これまで鋭意努めてきたところであるが、看護師不足に悩まさ れる本院における看護職員の労働環境は、残念ながら目に見えて改善しているとは言い難い現状である。 看護職員にとって魅力ある職場環境を実現することにより、離職者を減少させ、新卒者・既卒者から「選ばれる病 院」にならなくてはならない。 本計画は、より充実された看護サービスを提供するために看護職員が心身ともに健康で職務を遂行することがで きる環境整備を推進することを目的とする。
2.推進組織
 病院機能改善委員会が取り組む。
3.推進責任者
 総看護師長
4.推進組織構成員
 病院機能改善委員会のメンバーが兼務する。
5.病院職員に対する取組の周知方法
  • @看護部会にて負担軽減となる項目を検討する。
  • A病院機能改善委員会で決議した事項を管理委員会へ諮問後、決定する。
  • B病院ホームページにて公表する。
6.平成30年度の看護職員負担軽減及び処遇改善計画
 以下のとおり
看護職員負担軽減及び処遇の改善計画
負担軽減項目
取組項目
取組目標
看護師の採用拡充
  • 看護師募集の強化
  • 公共職業安定所での多病院との給与、福利厚生等比較検討
  • 人材バンク等の枠拡大
  • 職員からの紹介制度の強化
  • 看護師確保ガイダンス等への積極的な参加
  • 潜在看護師職場体験の実施
業務量の調整
  • 時間外労働が発生しないよう業務量の調整、検討
  • 病棟クラークの配置
  • 看護業務(手順・業務内容等)の見直し
  • 継続して実施(手術室への勤務拡大)
多職種の任用
  • 多職種の採用促進
  • 看護補助者の配置教育強化
  • コメディカルの採用を積極的に行い医療従事者全体の業務負担の軽減化を図る
  • 看護補助者を質、量ともに拡充する。
多職種との業務分担
  • 多職種との業務分担明確化
  • 薬剤師、リハビリ、臨床検査技師、放射線技師、MSW等との業務分担を明確化する。
妊娠・子育て・介護中の看護
-
-
職員に対する配慮
  • 夜勤の減免
  • 休日勤務の配慮
  • 産休、育児制度の充実
  • 院内保育所の充実
  • 継続して実施
  • 看護職員が安定した子育てができるよう休日勤務の廃止に向けた取り組みをする。
  • 継続して実施
  • 育児休暇明けに安定して働けるよう院内保育を実施しているが保育士の安定供給に努める。
夜勤明けの職専免
  • 夜勤明け1日の職専免の実施
  • 継続して実施
多様な勤務形態の導入
  • 半日、時間単位休暇制度
  • 夜勤専従制度の導入
  • 平日休暇は実施済みだが、時間単位での休暇制度も導入に向けて検討する。
  • 継続して実施
年休取得の向上
  • 年休取得率の向上
  • 「働き方改革」に向けての取得率向上
スキルアップ研修の充実
  • 外部招聘講師の充実
  • インターネットによるデマンド配信型の段階的スキルアップ研修体制の整備と受講率確保
  • 継続して実施
  • オンデマンド配信型研修を導入し、その受講状況を管理し看護職員のスキルアップを図る。
ページのトップへ

美摩病院の地域における役割と機能

 本院が属する徳島県東部U医療圏域は吉野川市・阿波市で構成されている。  本圏域の人口(平成31年1月現在推計)は、約7.53万人で県総人口の10.2%を占め、その人口の年齢別構成は0 〜14歳、15〜64歳の構成比率がともに減少しており、それぞれ10.5%、52.3%となっている。  一方、65歳以上の高齢者の割合は36.8%にまで上昇している現状である。  老人の人口構成比率が35%を超えた地域の医療ニーズを踏まえ、本院では従来のリハビリテーション・老人医療、併設の介護老人保健施設、関連の介護福祉施設などでの豊富な経験を生かし、良質でかつ適切な医療を提供するため次のとおり行動する。
  1. 病院理念は「医療は患者様のために。地域社会へ貢献できる医療人の育成を計り、医療・介護および福祉の向上に努めます。」であり、職員はもとより地域住民にも院内掲示・広報誌・ホームページ等を通じて周知する。

  2. 一般病床、回復期リハビリテーション病棟、介護療養病棟ともにそれぞれの機能にふさわしい治療療養環境を整備し、リハビリテーション機能の更なる充実と職員の資質向上を図りながら物的、人的両面から患者様や利用者の方々、ご家族、地域住民の生活を支えるよう努力する。

  3. 急性期治療や治療後の在宅復帰を支援するため、法人が運営する居宅介護支援事業を始め、訪問看護・訪問介護・訪問リハビリ・グループホーム・通所リハビリテーション等のサービス提供を充実させ、医療・介護の両面からサポートする。
ページのトップへ

美摩病院施設紹介

正面玄関 受付 ナースステーション
正面玄関 受付 ナースステーション
来院の方がアクセスしやすい玄関です。 スタッフが笑顔でお迎えいたします。 入院患者さんを24時間しっかりサポートしています。
病室 準個室 個室
病室 病室 病室
明るくて快適な居室です。 新しく準個室ができました。これまでのお部屋に比べて格段にプライバシーが保たれ、機能も充実した病室です。 安心で快適な療養環境を提供します。ご利用を希望される方は、ナースステーションまでお申し出下さい。
手術室 デイケア用送迎車 デイケア用送迎車
手術室 デイケア用送迎車 デイケア用送迎車
CT、MRIとともに高度医療をご提供しています。 デイケアサービス送迎車が新しくなりました。 デイケアサービスの送迎車はリフトも搭載しております。
ページのトップへ

施設概要

[ 病床数 ]
一般病棟:37床(内、地域包括ケア病床10床)
療養病棟(回復期リハ病棟):60床
介護医療院美摩病院:58床
通所リハビリテーション:定員20名
 ・デイケアセンターみま 詳しくは→コチラ

ページのトップへ

サービス概要


[ 診療科目 ]
整形外科、形成外科、リウマチ科、内科、外科、脳神経外科、リハビリテーション科、眼科

[ 医師勤務表 ]
→医師勤務表(別ウィンドウで開きます)

[ 診療時間 ]
午前 9:00〜12:00
午後 14:00〜18:00
(日曜・祝日は休診)
※但し急患の場合は、随時受け付けます。
医療法人 青鳳会

美摩病院

〒776-0013 徳島県吉野川市鴨島町上下島497 [ 地図 ]
Mail.mima-hp@mima-gr.jp
TEL.0883-24-2957 FAX.0883-24-0724
ページのトップへ
Copyright (C) 2005 MIMA GROUP. All Rights Reserved.