看護職員処遇改善

看護職員負担軽減及び処遇の改善取組について

2019年4月1日 医療法人青鳳会 美摩病院

  1. 目的

    看護職員の負担軽減及び処遇改善については、これまで鋭意努めてきたところであるが、看護師不足に悩まされる本院における看護職員の労働環境は、残念ながら目に見えて改善しているとは言い難い現状である。
    看護職員にとって魅力ある職場環境を実現することにより、離職者を減少させ、新卒者・既卒者から「選ばれる病院」にならなくてはならない。
    本計画は、より充実された看護サービスを提供するために看護職員が心身ともに健康で職務を遂行することがで きる環境整備を推進することを目的とする。

  2. 推進組織

    病院機能改善委員会が取り組む。

  3. 推進責任者

    看護部長

  4. 推進組織構成員

    病院機能改善委員会のメンバーが兼務する。

  5. 病院職員に対する取組の周知方法
    1. ①看護部会にて負担軽減となる項目を検討する。
    2. ②病院機能改善委員会で決議した事項を管理委員会へ諮問後、決定する。
    3. ③病院ホームページにて公表する。
  6. 2019年度の看護職員負担軽減及び処遇改善計画 以下のとおり
看護職員負担軽減及び処遇の改善計画
負担軽減項目 取組項目 取組目標
看護師の採用拡充
  • 看護師募集の強化
  • 公共職業安定所での多病院との給与、福利厚生等比較検討
  • 人材バンク等の枠拡大
  • 職員からの紹介制度の強化
  • 看護師確保ガイダンス等への積極的な参加
  • 潜在看護師職場体験の実施
業務量の調整
  • 時間外労働が発生しないよう業務量の調整、検討
  • 病棟クラークの配置
  • 看護業務(手順・業務内容等)の見直し
  • 継続して実施(手術室への勤務拡大)
多職種の任用
  • 多職種の採用促進
  • 看護補助者の配置教育強化
  • コメディカルの採用を積極的に行い医療従事者全体の業務負担の軽減化を図る
  • 看護補助者を質、量ともに拡充する。
多職種との業務分担
  • 多職種との業務分担明確化
  • 薬剤師、リハビリ、臨床検査技師、放射線技師、MSW等との業務分担を明確化する。
妊娠・子育て・介護中の看護
職員に対する配慮
  • 夜勤の減免
  • 休日勤務の配慮
  • 産休、育児制度の充実
  • 院内保育所の充実
  • 継続して実施
  • 看護職員が安定した子育てができるよう休日勤務の廃止に向けた取り組みをする。
  • 継続して実施
  • 育児休暇明けに安定して働けるよう院内保育を実施しているが保育士の安定供給に努める。
夜勤明けの職専免
  • 夜勤明け1日の職専免の実施
  • 継続して実施
多様な勤務形態の導入
  • 半日、時間単位休暇制度
  • 夜勤専従制度の導入
  • 平日休暇は実施済みだが、時間単位での休暇制度も導入に向けて検討する。
  • 継続して実施
年休取得の向上
  • 年休取得率の向上
  • 「働き方改革」に向けての取得率向上
スキルアップ研修の充実
  • 外部招聘講師の充実
  • インターネットによるデマンド配信型の段階的スキルアップ研修体制の整備と受講率確保
  • 継続して実施
  • オンデマンド配信型研修を導入し、その受講状況を管理し看護職員のスキルアップを図る。